ガッカリイベント(?)「サカキのニドキング」レイドバトルに行ってきた

 f:id:nekotetumamori:20180311180913j:plain

Ingress』繋がりで『ポケモンGO』もちまちまとプレイしている自分。

そういえばポケモンセンターでレインボーロケット団のサカキのニドキングをレイドバトルで入手出来るというイベントがあると知ってはいたが、日頃の出不精ぶりもあって先々週と先週と一昨日とポケモンセンターに足を運ぶも肝心のレイドバトルの時間帯だけでなく昨日までのイベントである件すら把握してなかったので参加できなかったことに一昨日気付いて、昨日のラストチャンス狙いでポケモンセンターオーサカへ。

ま、15時半からのレイドバトルの時間帯に参加出来てゲットし、景品のステッカーも入手したのだが……

f:id:nekotetumamori:20180312111846p:plain

f:id:nekotetumamori:20180312111049p:plain

 

f:id:nekotetumamori:20180311160308j:plain

 

f:id:nekotetumamori:20180312111323p:plain

このブログの記事にUPする為のスクショを撮りそこねたのと、2匹目をゲットした場合同じCPと能力の個体が入手出来るのかが気になり、ラストの17時台のレイドバトルも参加。しかしここのジムは本当にGPSの調子が狂いやすい。

f:id:nekotetumamori:20180312111643p:plain

 

f:id:nekotetumamori:20180312111733p:plain

 

f:id:nekotetumamori:20180312111935p:plain

結果はCP・能力ともに別の個体を入手。なんか本編のラスボスキャラの手持ちがこんなんでいいんかとしか自分ですら思った程なので、ググったところ日本語圏のネット上の反応もポケGOの「サカキのニドキング」とは何だったのか状態の模様だったが、まあ『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』関連のイベントなので、そりゃそっちも知らなきゃ只のガッカリイベントで終わるわなあと。ただポケモン公式を見た限りレインボーロケット団のサカキの切り札はどうやらミュウツーらしいので、元々こんな程度なのかもw強くしたけりゃアメを与えりゃいいだけの話。

f:id:nekotetumamori:20180311181144j:plain

そんな訳で、ポケモンセンターに来てみたからには何か買えるものないかなーと物色wしかしここはキャラクタービジネスが如何に版権料上乗せで成り立ってるかを実感出来る場所のひとつでもある。なので財布の中身に余裕がないと軽く爆死できるが、世界的大ヒットを飛ばしたコンテンツだけあって『どうぶつの森』『スプラトゥーン』グッズに比べりゃ多少マシな値段なのがw

だいたい任天堂単体でのキャラクタービジネスで今でも何とか上手くいってるのって『スーパーマリオ』シリーズぐらいで、実際未だに牽引役なとこからしても多分それを越えるものがもう出てきそうにない印象しかないのが(失礼)。ただ、もし仮に日本のゲーム業界の歴史的経緯がこれまでとまた違ったものになっていたとしても結局諸般の事情で今と似たような状況になる宿命だったのだろうし、もし仮に既に任天堂が消滅していたらしていたでそれこそあの会社を代表するゲームソフトはあの赤い帽子を被った配管工が活躍する作品ぐらいになっていただろう。ポケモンに影響与えた某ゲーム? あれ糸井重里ファミコンのゲーム作る気が無かったら存在してないし、そのポケモンゲームフリークが同人誌サークルのままだったら……ゲフンゲフンw(但し任天堂アーケードゲームの開発をやったのみで撤退していたとかだったら話は別だが、アーケードゲームスーパーマリオを出したらヒットしたとか家庭用ゲーム機開発に行かずにパチンコ機製造方面に参入してそっちで……とかいう"if"の歴史をも妄想可能な事を考えたらキリがないwが、その場合でも今と大差ない結果になっていた可能性は大いにある。)

f:id:nekotetumamori:20180311180955j:plain

勿論ポケGOグッズもある。

結局この日に自分がカネを落としたのはこれ。「メダリーフ」なるご当地メダル製造機。

f:id:nekotetumamori:20180311181620j:plain

 

f:id:nekotetumamori:20180311181733j:plain

作れるメダル6種類のうち、ポケモンセンターオーサカのロゴ入りのメダルを購入。出来上がりはキレイだが、銅製っぽいしそのうち緑青の斑点が表面に出てくるのだろうか。