アニメ版『Ingress』は変に期待しない方が吉かも(汗)

「Ingress」アニメ化 フジテレビの深夜枠「Plus Ultra」で | ORICON NEWS
TVアニメ「イングレス」公式サイト

「イングレス」フジテレビが新設するアニメ枠「Plus Ultra」第一弾としてアニメ化されます。10月放映開始です。
監督は宮﨑駿監督の最新短編「毛虫のボロ」や岩井俊二監督の「花とアリス殺人事件」でCGディレクターを務めた櫻木優平さん。宮崎監督のNHKスペシャルでも登場されてましたね。ポケモンGOのキャラクターモデリングを手掛けたのも櫻木さんです。
制作はおなじく「毛虫のボロ」のクラフタースタジオ。
ハリウッド映画にも携わるスタッフとの日米共同プロジェクトです。
アニメとゲームが影響を与え合う、新しい挑戦。
エージェントの皆さんの力に期待しています…!

https://plus.google.com/+MasashiKawashima/posts/BegdJLvXbT6 (ナイアンティック川島氏のGoogle+投稿)

位置情報ゲーム『Ingress』のGoogle+公式アカウントによるこの投稿を把握している「エージェント」ことIngressユーザーにとっては続報待ちだったアニメ版『Ingress』、フジテレビの旧ノイタミナ枠での作品として放送が決定したようで企画倒れにならなかったのはなにより。でも今年の10月か。自分はIngress非アクティブ勢になってから久しいので果たしてその時までにこれまで何度もガッカリさせられた開発運営元のナイアンティックのクソ運営ぶりにめげずにエージェントを続けていられるだろうか、あるいはアニメをきっかけにエージェントをやめてしまおうと考えてしまうかもという杞憂すらある。
ま、個人的にはこのクソ運営がと言いながらも運営がそうなってしまっているのにはそれなりの事情があるだろうから仕方ないわなーと思ってたりもするし、運営のクソぶりにゲンナリしてもIngress自体がゲームとしてやはりそこそこ面白いというだけでなく、公式がストーリーの登場人物を介してたまに興味深いネタを提供してくることもあってなかなか止める気になれない。以前からよく「陣取りゲーム」という説明をされてしまう『Ingress』だが、単なる陣取りっぽい位置情報ゲームというだけではない巧妙な仕掛けが用意されていて、そこは流石Google発のコンテンツだよなあと思う。ええ、「だいたいNIAのせい」という日本のイングレス界隈限定のローカルネタを知ってる身からすれば、ポケ森の運営のクソぶりなんて十分許容範囲レベルですわw
で、現時点で判ってるアニメの内容だけど、それバンダイナムコ『レイヤードストーリーズ ゼロ』とモロに方向性と内容被りませんかねぇ?? という気が。自分そっちはまだ未プレイで今のところダウンロードする気も無いけども。アニメの内容と連動という試みも大いにアリとはおもうが、個人的には今までのIngress公式のストーリーを「啓示の夜」以前の所から追ってくれるものを期待していたんで正直どうよといったところ。
ま、果たしてどうなるかまだまださっぱり判らんので、変に期待して待たない方が吉かもしれない。