ヘボゲーマーかくれねこの活動メモ

だいだいXM(エチゾチック・マター)もとい某位置ゲーのせいで興味無かった筈のスマホ・タブレット向けゲームアプリのほんの一部に心を囚われてしまった毒吐き閑人。更新は不定期且つ気力の有るときのみなので悪しからず。

どう森シリーズの″クソゲー″ことポケ森に自分を導いたのはとび森でもハピ森でもなく

f:id:nekotetumamori:20180301155354p:plain
結論から言う。自分が『どうぶつの森ポケットキャンプ』を始める切っ掛けを作ったのは、かの『ポケモンGO』の元になった位置情報ゲーム『Ingress』である。
どういう事かというと、まず自分はファミコン登場以降の世代であるにも関わらず親や周囲の教育方針以上に自分の考えや交遊事情、そして後に判った事だが当時の家庭のカネの使い方の事情も少なからずあったのだろう、それらが絡み合ってあまりテレビゲームで遊んでこなかったという経緯がある。
そんな自分が大人になるまでに手にとって遊んだのは初代ゲームボーイの『テトリス』『星のカービィ』『カエルの為に鐘は鳴る』の3タイトルのみ、因みに一番最初に親にねだって買って貰ったのが『テトリス』で、きっかけは当時の学校の担任がやたら推していたというそれだけの理由で、そこで必然的に初代ゲームボーイを手にする事になった。その後TVCMの影響で『星のカービィ』と『カエルの為に~』を親にねだった訳だが、『星のカービィ』についてはデデデ大王の倒し方が判らなかった事が原因で手放し、『カエルの為に~』はクリア出来なくなるのを恐れたのと公式イラストが気になり攻略本を親に買って貰ったのが効を奏して何度もエンディングまでたどり着いた。
結局今でもそうだが、たかがテレビゲームという「お遊び」ごときで「失敗し続けてクリア出来ない」事が原因で自分に苛立ち、腹を立て、絶望する、それが嫌だったからやってこなかった訳で、後に自分が精神科のお世話になってからADHD傾向のある広汎性発達障害であったことが判るまでの間、「日頃から何で自分はこんなダメな奴なんだ!?」と思い知らされているばかりなのにそれを た か が 遊 び ごときでそれを更に増幅してしまうのは辛い、そう思っていたことが自分をテレビゲームから遠ざけて来ていたのである。
そんな訳で、『スーパーマリオ』どころか『ドラゴンクエスト』(フジテレビでやってたアニメ版は時々観てたw)とか『ファイナルファンタジー』とか『ゼルダの伝説』とか『ロックマン』とか『ぷよぷよ』とか、ましてや『ファイヤーエムブレム』(後にどこが制作したか知ったときはちょっと驚愕した……『カエルの為に~』と同じ所じゃないかw)? タイトル知ってるけど何それ面白いの?? という状況で大人になり、大人になって安月給の仕事に就いてた頃に当時のツレからプレステ2の中古引き取らないかと言われてロクに映画もテレビドラマもアニメも見ない癖にあーこれでDVDを観れる環境整えられるわと快く承諾したのをきっかけに折角だからと購入したのが『どこでもいっしょ』という有り様である(苦笑)そしてこれ以後は任天堂製のゲームハード機やゲームソフトはあまり眼中になく、かといってプレステ用ゲームソフトも『塊魂』がチラッと気になったまでで、やはり「失敗続きでクリア出来ない」のは嫌だという思いと、そんなもんにカネ注ぎ込んで遊ぶ余裕があるならPC欲しいしそれが無理なら他の事やるわという思いと、更に日本はゲーム産業も最早オワコンになりつつあるという見方もあって余計に「そんなツマランもんで遊んでいられるかバーカw」となっていた訳だ。

……長い独り語りになったが、そんな状態で任天堂の『どうぶつの森』というゲームがあるんだが、とか言われても食指が動く訳がないwそんな自分が再びテレビゲームというかコンピューターゲームに手を出す切っ掛けとなったのが、世の中に怨嗟を抱えつつやっていたTwitterで他人のツイートを見たときに飛び込んできた『Ingress』 なるゲームアプリの存在だ。どうやら色々リスクを抱えていて世界観もぶっちゃけアレなゲームアプリみたいだがこれならもしちょっとしたユーザー同士のトラブルに遭おうが飽きてこようが何だかんだ言って続けられる、そう思った事が自分にそれをダウンロードさせて「エージェント」と称するIngressユーザーの日々が始まったのだった。その顛末は……初期の頃は夢中になり過ぎて通所していた精神科デイケアのスタッフからはゲーム依存を指摘されたこともあってデイケアでの治療方針を見失なって離脱、そして自分と思想だの信条だのが合わないどころか衝突しかない家族というか今の連れにはテレビゲームよりパチンコなら興味あるんだがなとバカにされるわでフラストレーションは貯まる一方、かといってIngressユーザー同士のコミュニティではどうかというと、これがまた自分みたいな奴は疫病神でしかなく実際公式の陣営地域コミュニティからは離脱して今に至っているという、やっぱりどうしようもない奴はどこでもどうしようもない奴でしかなく、所詮自分はその程度だしそれが何かといったところで、開発運営元のナイアンティックの一応Google系列なのに何これなクソっプリも大概で何度か嫌気も差しているのだが、これなら何とか続けられるという自分の当初の目論見通りになった訳だ(苦笑)そして案の定『ポケモンGO』もぼちぼちとやっているのだが……ハリポタのやつはどうしようかねぇw
で、『Ingress』を切っ掛けに出来た緩いユーザーの繋がりの影響がこれがまた半端なく、ナイアンティックがまさかのポケモンと組むぞという話が出てきて以後フォローしていたユーザーの一部から『Miitomo』だの『ファイヤーエムブレムヒーローズ』だの始めましたとかいう話が流れて来て、その2つすら任天堂必死だなーと食指が動かず、『スーパーマリオラン』に至ってはあまり話題にしてる人を見かけなかった事もあって食指が動かない以前の話でやり過ごしたが、ポケ森に関しては最初っからさてどうやり過ごすかという状況で、とりあえず別の位置情報ゲームでIngressユーザー内でGoogle+コミュニティのある『Walker』をダウンロードするも、間もなくポケ森のどこがスローライフだこれというツッコミが流れて来た所に当時通院していた歯科医院の受付での雑談に背中を押され、ならば早速「どうしてこうなった!?」なオチになってるらしいソシャゲに遅れてやって来たポケモン系以外の任天堂のゲームアプリを試しにやってやろうじゃないか、これもXM(エキゾチック・マター)の導きだと観念してダウンロードした訳である。
f:id:nekotetumamori:20180301154422p:plain
で、ポケ森の感想は? というと、その後どう森シリーズの情報をぼちぼち集めたけど、そもそもどう森シリーズにスローライフなんてあったのか? という疑問の方が強いというか、まあそこは残念な意味でダメだろな部分含めて「黒い任天堂」というネットスラングで言われている通りの内容の世界観しかないんじゃないのコレと言ったところwビジュアルとサウンドでごまかされてるけどねーw
しかしどう森シリーズ本編やったことないのに、動画サイトで聴いたそれのアイコンになってる犬族の弾き語りミュージシャンの歌というか曲が色々な意味で強烈過ぎてもうねw自分が過去に『カエルの為に~』をクリアできた記憶と相まってかもしれないが、自分の世の中に対する怨嗟の刃を一気に錆び付かせてボロボロにしやがって……wま、それが無ければはてダにこの記事を書くことも無かったのだろうけどw